「年収1000万」の男性と結婚する方法はこちら

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談やってみた!「評判・口コミ」

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談席

こちらでは、実際に「ゼクシィ縁結びカウンター」の無料相談をやってみた私の体験談を紹介!
「ゼクシィ縁結びカウンター」の評判・口コミが知りたい人は参考にしてください!

もくじ(見たい所にジャンプします)

ゼクシィ縁結びカウンター「大阪店」に行ってきた!(画像あり)

阪急大阪
ゼクシィの大阪支店は、「阪急うめだ本店」の裏側にある「阪急梅田オフィスタワー」の30階にあります。
阪急うめだオフィスタワーの地図
15階まであがり、スカイロビーについてから、別のエレベーターで30階まで上がります。
阪急梅田オフィスタワービルの看板
エレベーターを降りたら、左手すぐがゼクシィ縁結びカウンターの入り口です。
ゼクシィ縁結びカウンター入り口

ゼクシィ縁結びカウンター無料相談の流れ

ゼクシィ縁結びカウンター無料相談の流れ

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談に必要なもの

MEMO
・予約のみ
※無料相談に、身分証明書などは必要ありません。

それでは、実際に「ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談体験談」を解説していきます。

ゼクシィ縁結びカウンター無料相談の体験談ここから

ゼクシィ縁結びカウンター 来店

ゼクシィ縁結びカウンター入り口
オフィスビルなので30階は、人通りはほとんどありません。
ただし、ゼクシィ縁結びカウンターと「ゼクシィウエディング」の入り口が同じなので、ちょっと恥ずかしい思いをしました。
到着して「○○時予定の○○です。」と伝えると、すぐに席に案内してくれます。

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談席

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談席
なんとゼクシィ縁結びカウンター「大阪店」では、パーテーションではなく個室での相談でした。
※ただし、天井部分のカベは吹き抜けです。
ゼクシィ縁結びカウンター個室の様子
席についたら、すぐに飲み物を持ってきてくれます。
担当者がやってきます。
この時の担当者が、もしあなたが入会したら、その後お世話をしてくれる担当者になります。

1:アンケート用紙記入

ゼクシィ縁結びカウンターのアンケート用紙
まずは、アンケート用紙を記入していきます。
記入の際、担当者は席を外してくれます。
5分ほどで担当者が戻ってきます。

2:担当者から「ゼクシィ縁結びカウンター」の解説

ゼクシィ縁結びカウンターの担当者名刺
アンケート用紙に書いた内容をもとに、「ゼクシィ縁結びカウンター」について解説してくれます。

3:パソコンを使ってのシュミレーション

ゼクシィ縁結びカウンターの解説
実際に「ゼクシィ縁結びカウンター」での、検索の様子をシュミレーションして見せてくれます。

4:最後

無理な「勧誘・引き込み」は一切ありませんでした。
もし、入会の意思があるならば、再度担当者に連絡をします。
無料相談なので、お金も払わなくて大丈夫です。
最後に資料をいただきます。
ゼクシィ縁結びカウンターの資料
中身が外からわからない袋にいれて資料をもらえます。
これなら、大阪から電車にのって帰っても恥ずかしくありません。
ゼクシィ縁結びカウンター資料の中身
>>ゼクシィの公式サイトを見る

ゼクシィ縁結びカウンターの料金について

 シンプルプランスタンダードプランプレミアプラン
入会金9,000円16,000円23,000円
月会費30,000円
申し込みできる人数10名(毎月)
担当者からの紹介-6名(毎月)
お見合い保証--1名(毎月)
担当者との面談有料3ヶ月に1回2ヶ月に1回
担当者から
電話・メールでのサポート
あり

ゼクシィ縁結びカウンターに入会したらできるサービス

パソコンでの検索

自分でパソコン・スマホにてお相手検索ができます。
専用アプリはありません。
1ヶ月10名に「お見合い」の申し込みができます。

担当者からの紹介

担当者から毎月6名の紹介があります。
(スタンダードプラン・プレミアプランのみ)

お見合いの保証

プレミアプランのみ、毎月1件のお見合いを保証してくれます。
※ただし、絶対に会わないといけない

婚活パーティー

会員限定の婚活パーティーです。
会員なので、独身証明書を出した人たち限定です。
有料オプションになります。

コネクトシップからの検索

1ヶ月10名コネクトシップから「お見合い」の申し込みができます。

コネクトシップの図説

ゼクシィ縁結びカウンター入会に必要なもの

  • 本人確認書類
  • 独身証明書
  • プロフィール写真
  • 収入証明書
  • 学歴証明書
  • その他の資格証明書

※プロフィール写真については提携先があるとのこと。
提携先以外で撮りたい場合は、規定のサイズならOKとのことです。

ゼクシィ縁結びカウンターの良いところ

成婚料・お見合い料がなし

成婚料が設けてないことはメリットです。
お見合い(コンタクト)が決まっても別料金を払うことはありません。(お茶代は別)

初期費用があまりかからない

入会金が初期費用込みで30000円ポッキリです。
ただし、たの結婚相談所と比較すると、やや月額料がお高めになっています。

ゼクシィ縁結びカウンターの担当者について

入会した後、まず担当者と「どのように接するのか」を決めることができます。
つまり「頻繁に連絡頂戴タイプ」「自分で探すから基本は放置でタイプ」を自分で選ぶことができます。
(※スタンダードプラン以上を選んだ場合の話)
(※シンプルプランを選ぶと、手厚いサポートはありません)

担当者からのフィードバックがある

ポイント
※スタンダードプラン以上を選んだ場合
フィードバックは、反省点を教えてくれるということです。
「なぜお見合いがうまくいかなかったのか?」というのを一緒に考えてくれたりアドバイスをくれたりします。

パソコンで探す時は顔写真がみれる

ゼクシィ縁結びカウンターは、パソコン・スマホでの検索時に顔つきの検索ができます。

推薦文を書いてくれる

担当者からのプロフィール推薦文が無料です。

ゼクシィ縁結びカウンターの悪いところ

アプリがない

ゼクシィ縁結びカウンターの専用アプリはありません。
ただし、スマホからの専用画面にログインして検索は可能です。

面談(婚活相談カウンター)は60分3000円!?

一番安い「シンプルプラン」にすると、担当者との面談は60分3000円の別料金がかかります。

2015年からスタートなのでフレッシュな会員が多いって、、、

2015年にスタートした「ゼクシィ縁結びカウンター」(ゼクシィの結婚相談所)ですが、もしかしたら「よそで結婚できなかった人たち」が集まってきているかもしれません。

担当者が「担当する会員数」は100名です。

これだけ多いと、メールの返信が遅れたり、サポートが手薄になる可能性があります。

ゼクシィ縁結びカウンターのお見合いについて

出会う場所の駅は女性が選べる

駅だけは、女性側に選ぶ権利があるようです。
駅がしてされたら、システムが近隣の喫茶店を自動で選びます。

連絡先の交換はなし

お見合いの間は、名字しか知らされません。
家に帰って、パソコン上でお互いがOKして初めて、相手のフルネーム・連絡先がわかるのです。

割り勘制度

お茶代は、基本は割り勘です。
(ただし男性が払ってくれると高感度はアップ)

当日キャンセルは罰金

お見合いの当日キャンセルは5000円の罰金です。

以上、ゼクシィ結婚相談所の「無料相談」体験談でした!
「無料相談」にて、見たり・聞いたりしたことを書いたので参考にしてくださいね!
>>ゼクシィの公式サイトを見る