「年収1000万」の男性と結婚する方法はこちら

パートナーエージェントの無料相談やってみた!「評判・口コミ!」

パートナーエージェントの無料相談席

こちらでは、実際に「パートナーエージェント」の無料相談をやってみた私の体験談を紹介!
「パートナーエージェント」の評判・口コミが知りたい人は参考にしてください!

もくじ(見たい所にジャンプします)

パートナーエージェント「大阪」に行ってきた!(画像あり)

パートナーエージェント大阪のビル
JR大阪駅の真向かいのビルなので、行きやすいです。
(大阪第一生命ビルディング)
パートナーエージェント大阪の表札
6Fにあります。
パートナーエージェント大阪入り口
人通りも少ないです。
パートナーエージェント大阪の入り口

さて、ここでまず気になる「パートナーエージェントの評判・口コミ」を紹介します。

パートナーエージェントの評判・口コミ

パートナーエージェントは悪質!?


もともとIBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟していましたが2016年6月に除名させられています。
脱退ではなく除名というのが強烈ですが、理由はパートナーエージェントが悪質なサービスだからです。
「サクラを使う」「辞めさせないために意図的に交際終了にする」など、いろいろとあったようです。

IBJ(日本結婚相談所連盟)と対立!?


パートナーエージェントは、IBJとは違う「コネクトシップ」という会員共有の連盟を設立したことでIBJと対立したそうです。
 このサイトがしっかり掲載しています。
https://maonline.jp/articles/partneragent

会員をコネクトシップで探せると言うけれど、、、


パートナーエージェントでは、独自の会員だけでなくコネクトシップ内での、異性も探せると歌っています。
がしかし、コネクトシップの問題点は、データマッチング型と仲人型の相談所の会員を共有しているので、放任主義(データマッチング型)と徹底サポート(仲人型)が混同しているため、実際は放任主義になってしまっているのが現状です。
また、パートナーエージェントとエン婚活では料金の設定が全く違うのも引っかかります。
コネクトシップの図説

途中解約したら罰金!?


結婚相談所によっては、返金保証をしている場所もあります。
がしかし、パートナーエージェントでは入会した後に、たとえ1ヶ月で退会してもお金は1円も戻ってきません。
返金どころか、最大で2万円の罰金を請求されます。
(※パートナーエージェント公式サイト内では、8日以内ならクーリングオフは可能だと書かれています。)

さて、「パートナーエージェントの評判・口コミ」をズバリ書いちゃいました。
どうしても、人間は悪い評判が気になりますので、悪い部分(デメリット)をまずお伝えしました。
ここからは、「パートナーエージェントの良いところ」をふまえながら、実際の無料相談の流れを紹介します!

パートナーエージェントの「無料相談」の流れ

パートナーエージェント無料相談の流れ図説

パートナーエージェントの無料相談に必要なもの

・予約のみ
※無料相談に身分証などは必要ありません。

それでは、「無料相談」流れの詳細をさらに詳しくお伝えします。
「臨場感」を味わえる体験談です。

パートナーエージェント来店

パートナーエージェント大阪の入り口
入り口に入って、すぐ右手に受付があります。
到着して「○○時に予定している○○です。」と伝えると、すぐに席に案内してくれます。

パートナーエージェントの無料相談での席

パートナーエージェントの無料相談席
対面での、説明となります。
パートナーエージェント大阪の席2
120cmほどのパーテーションで囲まれています。
イスに座っていれば外から顔を見られることはありません。

アンケート用紙を記入

パートナーエージェントの来店アンケート
席には、あらかじめ来店アンケート用紙が置いてあります。
その用紙を書くように言われます。
その間、担当者は席を外します。
飲み物を持ってきてくれます。

担当者がやってきます

パートナーエージェントの名刺
無料相談で解説をしてくれる担当者がやってきます。
ただし、この無料相談では「アカウント・エグゼクティブ」が解説してくれますが、実際にパートナーエージェントに入会すると別の「専任コンシェルジュ」(担当者)が付くことになります。

パソコンを使って、詳細を解説

パートナーエージェント無料相談のパソコン
パソコンを使いながら、「料金・婚活の流れ」など詳細を解説してくれます。

簡単なシュミレーション

パートナーエージェントの無料相談
実際に、パソコンを使っての検索方法などを教えてくれます。

最後

だいたい平均1時間~1時間30分の所要時間です。
無理な勧誘はありませんでした。
最後に資料をくれます。
パートナーエージェントの資料
パートナーエージェントの資料
ここまでがパートナーエージェントの「無料相談」の体験談となります。
もし、パートナーエージェントに入会希望の場合は、再度こちらから連絡を入れるという流れです。
18ヶ月の入会を1クールとしています。
※入会後には60分~120分のオリエンテーション(説明)のために、来店が必要です。
>>パートナーエージェントの公式サイトを見る

パートナーエージェントの料金表

 ソロ
サポートコース
チーム
サポートコース
登録料30,000円
初期費用50,000円95,000円
月会費14,000円16,000円
成婚率50,000円
専任コンシェルジュからの紹介-
EQに基づいた
データマッチング
-
過去実績に基づいた
データマッチング
-
【MY PR】写真による検索
3ヶ月は無料
それ以降は月4320円
イベント・パーティ○(別料金)○(別料金)
お見合いのセッティング
-○(別料金)
コネクトシップ
年齢の制限
・男性22歳~54歳前後
・女性20歳~44歳前後
(年齢別コースあり)
仕事・収入での制限
男性において、「定職についていて一定以上の収入がある男性」
個人事業・フリーランスは、確定申告の提出が必要
婚歴
独身証明書が必要

パートナーエージェントでできる婚活

専任コンシェルジュによる紹介

担当者からのお見合い相手の紹介
毎月6名程度
※チームサポートコースのみ

EQに基づいたデータマッチング

EQとは、早稲田大学の教授が開発した価値観の測定値のこと
その価値観(自分の価値観・相手に求める価値観)をもとにマッチングした相手を紹介
※チームサポートコースのみ
※毎月何名なのかは説明なし

過去成婚実績に基づいたデータマッチング

人工知能によるデータマッチングのこと
あなたの過去の検索履歴などから、好みの異性を割り出してのマッチングした相手を紹介
※チームサポートコースのみ
※毎月何名なのかは説明なし

相手からのリクエスト紹介

相手についた担当者からの紹介
※毎月何名なのかは説明なし

写真による検索システム「MY PR」

相手の写真での、マッチングシステムですが、これは別料金です。
・入会から、3ヶ月は無料
・それ以降は月に4320円

コネクトシップによる検索

コネクトシップの中から毎月10名までの申込み

コネクトシップと呼ばれる婚活プラットフォームの利用
(ゼクシィ・エン婚活・ノッツエ・日本仲人連盟などの会員を共有)
コネクトシップの図説

婚活イベント&イベントパーティー

別料金となります

担当者によるお見合いのセッティング

担当者から「お見合い」のセッティング
別料金
※チームサポートコースのみ

パートナーエージェントでのお見合ルール

ポイント
・お見合いの日程は、システムが抽出してくれる
・近くのカフェでお見合いする
・基本は割り勘
・当日キャンセルは5000円の罰金

パートナーエージェントの良いところ

お見合いの日程が半自動

お見合いの日程は事前に、不可能な日を選んでおいて、あとは自動で抽出してくれるシステムなので楽

再入会は無料

パートナーエージェントでは、成婚して万が一破局となった場合、1年以内ならば再入会は無料でできるみたいです。

仲人型の結婚相談所

パートナーエージェントでは、仲人型の結婚相談所なので、担当者からのサポートを受けられる
※チームサポートコースのみ

退会後の相談も無料

成婚退会した後でも、期間内(入会から18ヶ月)であれば、相談は無料

パートナーエージェントの悪いところ

罰金がある

入会して18ヶ月以内に解約すると罰金(最大で2万円)を支払うことになる

お見合い申し込みに1通2160円かかる

相手を検索して、「お見合い」を申し込むだけで1通につき2160円が別途でかかってしまう。

パートナーエージェントでは、最寄りの支店に強制的に変更されます。

(たとえば、あなたが京都に住んでいた場合、「大阪支店」を希望しても強制的に「京都支店」(近いほう)に通うことになる)

無料相談した人と「担当者」は別

無料相談で解説してくれた人と、入会後につく担当者(コンシェルジュ)は別の人になる

各紹介・各マッチングに対して何名かわかりづらい

パートナーエージェントでは、数週類の「紹介・マッチング」がありますが、資料にも、公式サイト内にも、具体的な数字が書いてありません。
なのでわかりづらいです。
※専任コンシェルジュからの紹介は6名というのは、無料相談に行った時に解説がありました。

>>パートナーエージェントの公式サイトを見る