「年収1000万」の男性と結婚する方法はこちら

初めてのお見合い「結婚相談所での婚活体験談2」

婚活 初対面の違い

前回までのあらすじ
  • STEP.1
    8年間付き合った彼氏に振られる

  • STEP.2

    マッチングアプリで婚活地獄を経験する
  • STEP.3

    結婚相談所を比較する
  • STEP.4
    結婚相談所イノセント担当者坂田
    結婚相談所イノセントに入会

さて、多数の結婚相談所を比較ました。
その結果イノセントに入会しました。

入会してすぐに、「初めてのお見合い」に行ってきた体験談をこちらで紹介します。

「初めてのお見合い」ここから

 初めてのお見合いはAさん(38歳)でした。
土曜日に14時からグランヴィア大阪のロビーラウンジで待ち合わせです。
グランヴィア大阪のロビーラウンジ

 ロビーラウンジ前には「お見合いの待ち合わせ」と思われる方がたくさんいました。
 「仲人さん?」と思われる人もいたり、かなり混雑していてビックリです。
予約してくれていなかったら座れなかったと思います。

いまでは「結婚相談所を利用する人が増えているのだなぁ」と思いました。
 仲人の「立会い」も希望できる!
 私の仲人さんの「坂田っち」からは「立会い」を希望するか確認されましたが、待ち合わせだけであれば不要と「私」から断りました。

 お見合いでは「男性」から女性に声かけをするルールになっています。
10分前に到着した際には、Aさんはすでに到着しており、声をかけて頂きました。

いよいよご挨拶あいさつ

 予約して頂いた席へ移動して「初めまして」と挨拶をします。
 結婚相談所では会う前にお互いのプロフィールを事前に見れるので、お互いの趣味や仕事のことなどについて話します。

事前に知っておくと会話に困らないからいいですね。

 意外に時間が過ぎるのは早く、あっという間の1時間でした。
 お見合いは、おおよそ1時間と決まっているので、きりのよいところでその日は終了しました。

 連絡先の交換も禁止されていて、その場で解散です。
 IBJ加盟店の結婚相談所では、お見合い時のお茶代は男性が支払うルールになっているため、Aさんにご馳走して頂きました。
 

お見合い終了後、、、

 お見合いが無事終了したことを「坂田っち」にLINEで報告します。

坂田っち

Aさんの率直な感想はどうですか~?
気になることなどありませんでしたか~?

う~ん、正直Aさんとは合わないな気がします、、、
 Aさんとは、見た目や条件に問題はありませんでしたが、実際に会って話してみると、なんか合わなかったです。
 波長というかリズムというか、話は楽しくできたんですけどね、、、
結婚後の生活のイメージができなかったので、断ることにしました。
  

お断りの連絡をします

 「交際」に進むかはお見合いの翌日お昼頃までにはしないといけないと、「坂田っち」から連絡をもらいました。
お見合いお断りの連絡
 「坂田っち」にはAさんの率直な感想を伝え、交際希望しないと返事をしました。
 「坂田っち」から私がAさんと交際を希望しないことを、Aさんの担当者に伝えて頂きました。

どうやらAさんは交際希望だったようです。
 
たとえ、私がお断りをしたとしても、担当者さん同士で連絡をとってくれるので、相手の返事がどうだったかも教えてくれます。
 はじめてのお見合いはとても新鮮でしたが、とても良いシステムだと感じました。
 今までマッチングアプリなどで婚活をしていましたが、面倒に感じていたのはお相手とのメッセージのやり取りです。
 アプリと違い、結婚相談所ではお見合いが成立しても、会員同士で連絡を取り合うことはありません。

 お見合いの日程や場所も担当者さんが調整してくれるため、メッセージのやり取りも不要。
 またお見合いではお茶代を男性が支払うルールなので、「どっちが払うの?」みたいな問題も発生しません。
 お見合いも1時間というルールなので短すぎず、長すぎずまあ、聞きたいことをさらっと聞ける感じですね。

「一番良い」と感じたところ!

一番良いと感じたのは、お見合い後に交際にならなければ、連絡先の交換がないことです。
 マッチングアプリのように、プロフィールにウソがないか疑う必要もないし、しっかり顔が映っていえる写真も見れる。
 また実際に会ってお互いの雰囲気などを確認できて、お互いが交際を希望した場合にのみ連絡先を交換できるのは、安心で効率的なシステムと感じました。
婚活 初対面の違い

ポイント
結婚相談所に入会した男女は、必ず住民票などの身分証を提出しています。
また、男性は収入証明書が必須のために、プロフィールにウソがありません!
注意
 IBJのお見合いシステムの欠点をあげるとしたら、少し堅苦しさはあるかもしれません。
 それだけお互いが真剣だということなので、仕方ないのかもしれませんが。

続いてのお見合い

 

 翌週の日曜日に、「Bさん・Cさん」とお見合いをしました。
 Aさんと同じグランヴィア大阪のロビーラウンジで、14時からBさん、17時からCさんとです。

 1日に2人とのお見合いはとても疲れました。

坂田っち

1日に3人とお見合いする人もいますよ!
 しかし、性格や体力的な問題もあるので、無理をする必要はありません。

すごい、、、
ポイント
 「私」はあまり恋愛経験もなく、初対面の男性との会話が得意な方ではないので、今後は1日1人とだけお見合いをしようと「坂田っち」と決めました。
 そういうところまで、しっかり配慮してくれる「坂田っち」のフォローは素晴らしい。

 2人とお見合いの結果!

 Bさん(34歳)とのお見合いは、とても楽しくあっという間の1時間でした。
先週のAさんと比べても、とても楽しかったです。(^^)

 Cさん(41歳)とのお見合いは、正直とても苦痛でした。
何を話しても盛り上がることなく、会話が一問一答のようになってしまいました。
 「私」が疲れていたのが原因かもしれませんが、あまりに相性が合わず、ビックリしたくらいです。

 Bさん、Cさんとのお見合いが終わり、「坂田っち」に連絡。

 まずCさんは交際希望しないと回答しました。
 どうやらCさんも交際は希望しなかったようですが「そりゃそうだよね〜」と納得です。

 Bさんとはとても楽しく、雰囲気も捨てな方でしたが、一点だけ気になることが・・・。
 今後、役職がつくと転勤の可能性があるとのことです。
お見合い中の会話の流れから詳細を聞くことが出来ませんでした。(T_T)

またまた「坂田っち」大活躍!

お見合いで聞きづらいこと

出来れば結婚後も今の仕事を続けたいので、「結婚してすぐに転勤は嫌だなぁ」
「坂田っち」に相談してみよう、、、

坂田っち

交際の返事をする前に、Bさんの担当者に確認してみましょう!

 「そんなことまでしてくれるの♪」(^^)

 Bさんの担当者に確認してもらったところ、順調にいけば3年後くらいに管理職になり、転勤の可能性が増えるということのようでした。
 私はてっきり来年にでも転勤するのが決まってるかのように勝手に勘違いしてしまっていたようです。
 転勤について確認ができて安心できましたので、Bさんとは交際希望で「坂田っち」に回答してもらいました。
 

 嬉しいことに、Bさんも交際希望だったようで、早速IBJアプリ内で、Bさんのフルネームと携帯の電話番号が公開されました。
 結婚相談所では、交際が成立した場合、最初に「お礼の電話」を男性から女性にするルールがあるそうです。
 Bさんからショートメールで電話する時間を確認され、21時に電話をすることになりました。
 結婚相談所ではこの電話を「ファーストコール」と呼んでいるようです。
 Bさんから電話があり、10分程度簡単に話をして、それ以降はLINEで連絡を取ることになりました。

さて、Bさんと交際が正式にスタートになりました!
続きの交際体験談はこちらにまとめています!
破局が多いタイミングは?初めての交際・Bさん「結婚相談所での婚活体験談3」